黄金の豚
最近はコンクリートだけじゃなくて世界にも目を向けようと言うことで
ベトナムとフィリピンとアセアンのニュースをできるだけ毎日チェックしていますが、
その中にこんな記事が。

「黄金の豚年」生まれ望んで駆け込み出産

日本でも丙午で1966年に中絶が多かったらしいですが
なるほど、良い干支だとむしろ「生ませてくれ」となるわけやね。
なんで日本は丙午(1966年)に反応したのに丁亥(2007年)で反応しなかったんだろう。
「うまい話には乗らないぞ、嫌な可能性は排除するけど」ということなのかな。

なお、『社会学者らは、多くの夫婦が良いといわれる年に子どもを産むことで同年齢者が増え、かえって我が子の受験や就職が困難になると警告している』らしい。

なるほど!落とし穴や。


**********


先日、コンクリ関係の先輩に質問することがあってメールしたら、
「ホームページ見てます。溢れる才能に感激しました。」
と返事をいただいた。
物静かですてきな雰囲気の先輩なので、ちょっと気を良くして、
写真集と野球部のページを一気に更新しまくってしまった。

偶然はじめることになったホームページ係だけど、
クラブ活動なども導入しながらやっているおかげでなかなか楽しい。
筋トレも歴史の勉強を取り入れてやることで続いている。
上記、アジアのニュースチェックも時おり面白ニュースがあるから目が離せない。

「せっかくやるなら楽しく。」

大学院生活のテーマです。
[PR]
by kan-net | 2008-01-20 16:29 | 暮らし
<< あわや不条理 夢 >>