迷うな子羊
今日は指導教員のI先生に修論の方向性について相談した。
私はこのままコンクリートのばりばりハード系な研究に進んで良いのでしょうか、と。
それとも国際プロジェクト的な研究にしたほうが良いんでしょうか、と。

いろいろとお考えを聞かせてもらったがとても印象的に残っている言葉。
「国際プロジェクトグループの目的が、国際プロジェクトに関する研究をすることなのか、
国際プロジェクトで活躍する人材を輩出することなのかでやるべきことは違ってくる。」

この言葉をもらってひとまず落ち着けたような気がします。
とにかく今はコンクリートのプロになるよう全力を尽くします。
それが、国際プロジェクトで活躍する人材になるための一歩であると信じているので。



ところで修士論文は基本的にNDTに関連付けたDuCOMの改良をと思っているけれど、
NDTに関連付けてもうひとつの目標を立てたいと、さっき思いました。
それは、吉田徳次郎先生のハンマーに近づくということです。
吉田先生のハンマーに関連する研究ならなんでも面白そうな気がします、
というか吉田先生のハンマーは学部時代から印象深い話として強く記憶に残っていて、
コンクリ研への思いを掻き立てるひとつの要素でもあったわけで。
ぜひやってみたいと思います。



ちなみに私、コンクリ研のホームページの係になってしまいました。
情報が3月からずっと止まっているので、今後すこしずつ更新していくつもり。
研究室ブログとか作ろうよ、とかいう話もあるので、参考にしつつ
少しでも見やすく面白いホームページにしていけたらと思います。
がんばるのでたまに見てくださいねー。

(このブログのリンクにも入れておきましたー)
[PR]
by kan-net | 2007-10-18 02:10 | 学業
<< へるぱー 国PG合宿いん銚子 >>