ぽぞ
先日「エマニュエルの贈りもの」という映画を観ました。

生まれつき足に障害を持つエマニュエル氏。
施しを受けてはいけないという母親の教育を受けて、
障害者だってできるんだということを表すために
自転車に乗ってガーナを横断したんだとか。

映画自体はその後のエマニュエル氏の渡米、手術、帰国後の活動を
ドキュメンタリー形式でまとめてありました。
ガーナの障害者法制定の影の立役者でもあったみたいで、
裏側が見えた気がしてとても面白かったです。

あっちでは障害者のことをポゾと呼ぶらしいです。
「ポゾ」と書いたTシャツを堂々と着て自転車をこぐ姿は素敵でしたね。
映画館であのTシャツ販売したら売れたと思うんだけど。


渋谷の映画館で7月13日までやってます!もうすぐ終わっちゃうんだけど、
もし時間があったらぜひ観に行っちゃってくださいー。


コンクリート工学年次総会が開かれる仙台からお送りしましたー。
[PR]
by kan-net | 2007-07-11 01:32 | 暮らし
<< 仙台ぷち旅行 帰国しました >>