謎のおじいちゃん
ひとりめ。

食事時を過ぎてからガラガラに空いた食堂で昼食をとっていたら、
おもむろに僕のテーブルに座ってアイスを食べるおじいちゃん。
しかも食べ方もどこか荒々しい。夢中でほおばっている。

できれば一人で食べさせてほしいと思ったのだが、
あまりにも夢中なその食べざまに、身動きが取れなかった。私はあきらめた。

そして食べ終えたおじいちゃんは斜め前方を見つめ、
物寂しそうな表情を浮かべながら、そっと口を拭った。



ふたりめ。

電車を待っているとリュックを背負ったメキシカン風の男性(40歳くらい)に、
しきりと話しかけるおじいちゃん。
なんとなく英語っぽいのだが、よくわからない。

メキシカンを助けたい気持ちは山々だったのだが、
おじいちゃんの食いつきがもう本当にすごい。私はひきさがった。

そして五駅ほど話しかけ続けたおじいちゃんは、
充実感に満ちた表情を浮かべながら、最後には背中越しに手を振って去っていった。
[PR]
by kan-net | 2007-06-03 20:58 | 暮らし
<< コーヒーと砂糖 悔やまれる! >>