もうすぐ夜が明ける
昨日の完璧な朝から打って変わって、今日はいつも通りな朝を迎えつつあります。

そろそろ4時。もうすぐ真っ暗な空に青みがかかってくる。
4時半になるころには空はかなり青くなる。
そして5時を回ればもう、日が差してくるのです。

あーでも今日は天気が良くないんだっけか。
あんまり朝の感覚は味わえないのかもしれない。残念。



帰ってからさっきまでずっと2006年春のベトナム調査の報告書を編集していたのだけど、
一年以上前の話だからあまりちゃんと思い出せないのと、
当時テキトーに書いたドラフトがあまりにテキトーなのが相まって、
全然進みませんでした。むむー。
そしてさっき、朝までに大学のレポートを書かなくてはならないことを思い出したのです。


…8時半からの講義に間に合うためには、あと4時間か。まぁ楽勝やな。



楽勝だという仮定の下で、さっき思ったことをもう一つだけ書くと、

よく中華弁当を買いに行くお店で働いている中国人の女性が最近、
注文を聞いて「かしこまります」と言うようになった。
なるほど「かしこまりました」というのは不自然だと言うことだろう。過去形だものね。
しかし他方で「かしこまります」というのも違和感が。これまではかしこまっていなかったのか。
となると現在完了のようなニュアンスがほしくなってくる。

「これまでもかしこまっていましたし、これからもかしこまります。」

これで。



ああ4時過ぎとるやんか。レポート書こう。あ、空青くなってきたよ。
[PR]
by kan-net | 2007-05-25 04:10 | 何気ない
<< センパイ思い 完璧な朝 >>