かおす。
おかげさまで昨夜はお腹を痛めることもなく眠ることができました。どうもどうも。


金曜日は1,2限の講義を履修しているのだが、
今日の2限の講義はHん田先生が不確実性を扱う合理性とかを紹介してくださった。

おもしろい言葉が出てきたので幾つか紹介します。

「バタフライ効果」
中国で蝶々が羽ばたいたらアメリカでハリケーンが起きるとかいう効果。
実際にそんなことが起きるとは想像しがたいけど完全に否定もできなくて、
プログラミング上ではその羽ばたきを入れるか入れないかは大きな違いをもたらすのだ。

「カクテルパーティ効果」
ざわざわと騒々しいパーティ会場でも、どこかの誰かが自分の名前を読んだら気づくこと。
いろんな周波数の波の中でその特定の波をとらえるという能力ったらすてき。

ほかにもいろいろ仰っていたけど覚えていないのでご勘弁。



ちなみにこの講義の中でHん田先生は僕の記憶に長く残るであろう奇跡の名言を
あんまり学生が聞いていないような雰囲気になった瞬間ぽつりとつぶやいた。


「あ、ポインタがつかなくなった。カオス。」


ちょうど不確実性だとかロジスティックカオスだとかの話をしているときに
あまりに何気なく放ったその一言に、研究者Hん田の底知れぬ変人的魅力を改めて感じた。
この言葉を聞き逃さなかったことに幸運を感じた瞬間だった。
[PR]
by kan-net | 2007-05-11 13:20 | 学業
<< だいひょうせんきょ 選択のとき >>