ガリヴァー旅行記
本を読み慣れていない私ですが
時間をじっくりじっくりかけて
「ガリヴァー旅行記」
を読んでみました。

小人の国、巨人の国、空飛ぶ島国、不死身の人がいる国、馬が人を支配する国。

いやぁおもしろかった。そんでまた考えさすなぁと思った。
空飛ぶ島国ラピュータの人々の描写には衝撃を覚えた。

ラピュータの国王が地上の人々に制裁を加えるときの「いかずち」は、
「旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火」でも、
「ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えている」ものでもなくて、
「島そのものを彼らの頭上めがけて降下させる」のだそうです…。


さてー次は何を読むかな。
[PR]
by kan-net | 2007-04-15 20:59 | 読書
<< 駒場でしゃべる 大学院デビュー戦 >>