うたた寝して悪夢×2
そのいち。

気づいたら卒論提出前日の23時。
必死にパソコンにかじりつくものの、
なぜかものすごい斜面にいて、
立ち位置を落ち着けることすらできない。




そのに。

気づいたら卒論提出まで3週間。
必死にパソコンにかじりつくものの、
なぜか某開発機関から自宅に電話がかかったりして、
心を落ち着けることすらできない。



あっ、二番目は現実だった。
[PR]
by kan-net | 2007-01-17 01:17 | 何気ない
<< もしも時間が止まったら。 テレビのない暮らし >>