『楽しい』とは?
このブログ始まって以来おそらくはじめてのリクエストを「副」からもらったので、
今回はそのお題について書きたいと思います。

『楽しい』とは?

まず辞書を引いてみる。

[形]たの・し[シク]

1 満ち足りていて、愉快な気持ちである。「毎日を―・く過ごす」「テンポのよい―・い曲」「―・いピクニック」

2 富裕である。金持ちである。
・ 「堀川相国は、美男の―・しき人にて」〈徒然・九九〉

3 作物の出来が豊かである。
・ 「この年頃は、いとこそ―・しけれ」〈大鏡・道長上〉

[派生]たのしがる[動ラ五]たのしげ[形動]たのしさ[名]たのしみ[名]

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


あんまり参考にならないですね。
でも、'2'と'3'で、現代ではあんまり使われないような意味で登場しているところを見ても、
「楽しい」という価値観が時代と共に変わってきたのかもしれない、とは思います。

僕にとって、短かったけれども高校時代の陸上部はとても楽しかった。
というのも陸上部のみんなが仲良く、かといって活動態度も緩まず、きびきびしていて、
みんなで総体に向けてがんばっていこう、という意識のもとで頑張れていたからだ。
なのに僕は県総体の一ヶ月前に部内で大切な仲間と大喧嘩をしてしまった。
その後一ヶ月の部活動は全く楽しくなかったし、県総体で優勝した祝勝会も楽しめなかった。
「一ヶ月前に戻れるなら優勝なんて放棄したい」とばかり思っていた。

楽しいかどうかは人それぞれ、その時その時ですべて違う。
「楽しい」に限らず、「嬉しい」「悲しい」「くやしい」などなど、なんでも。
「かゆい」すら、何かに熱中したらそのかゆみを忘れたりするでしょ。
恋多き若者だって「恋に恋してるんだ」とか言われるけど、そのつど本気で恋してるんです。

といったところでじゃあ、こんな気まぐれな生き物を束ねてなお全員を「楽しい」と思わせるには
どうしたらいいのかということです。

端的に言うと、そんな方法はわからんし、そんな方法はないような気もする。

ということです。知らんすよまじで。

ただ僕が今やろうと思っていることは、みんなともっと仲良くなることです。
団体に入っている全員とメル友になれないかな、とか思ってみたりしてます。
「仲良しクラブ」を作ろうって話じゃないんだけど、でも、
仲良くないよりは仲良しのほうが何となく楽しいという気はする。
とりあえずそんなことをしてみたいと思っています。



ところで最近「真理はない」という真理に到達しましたが、
真理はないのでその真理も真理でないのです。

ところで最近なんだか地震が多くなってきましたよね。

ところで今日は気が向くままに部屋の掃除をしてみました。
[PR]
by kan-net | 2006-12-06 04:19 | サークル
<< あつい!カバディ。 来たんじゃないのこれ >>