だいひょーーーのなぞ
ADYFの代表を務めて1年間、ROADの代表就任からは半年になるけど、
未だに代表って難しいなと思う。

「全体を見渡すことだ」、とはよく言われる。
「細かいことは仲間に任せればいいからもっと全体を。」、とか。

そうかそうか、といって細かいことをやめたら、あんまり何も見えなくなったりする。
才能がないからだと思うのだけど。

そう、自分にはいわゆる「代表の才能」がないような気がする。
小学校くらいからいつも目立ちたがりでリーダーとかしたがるような自分だけど、
今になって思い起こすに、自分が本当に「代表らしい」ふるまいをしたことなど、
かつて一度でもあっただろうか。

ない。

「別に代表がすることじゃない」と言われるようなことばかりしている気がする。

かかかかか。

しかしだ、「代表がすること」ってのはじゃあ、なんなんだ。
「代表じゃない人がすること」ってのはじゃあ、なんなんだ。
代表は代表じゃないよりもエライの?大変なの?責任重大なの?

代表ってのもまた、わからないものだ。
そういう意味では、僕は常に代表としてすばらしいリーダーシップをとってきたもん。
というのは代表の才能がない男ゆえの負け惜しみじゃないもん。


まぁそんなくだらない負け惜しみはよしとして、いずれにせよ今僕という代表が、
代表としてしなくちゃいけない、したい、と思っている個人的な野望は、
団体に所属しているメンバーのみんなが、
「団体のことが好きだ、ここでの活動は楽しい」と思ってくれるようにすること、そして、
自分自身が最も「団体のことが好きだ、ここでの活動は楽しい」と思うこと。
これができない分には、自分は代表を辞めるときに悔いが残る気がする。
ということで僕は今後「代表がすること」も「代表じゃないことがすること」も何でもやって、
この個人的な野望を達成したいと思っています。がんばろーっと。
[PR]
by kan-net | 2006-12-04 05:52 | サークル
<< 来たんじゃないのこれ 焼肉さん >>