焼肉さん
ずっと難しいことを考えてても全然苦痛にはならないのだけど、
気分転換のためにもたまにはもっとくだらないことを考えてみようと思った。



今さっき、焼肉さん太郎を食べた。
おいしかった。
他にも、
わさびのり太郎、お好み焼きさん太郎、石焼ビビンバ太郎、酢だこさん太郎
といった充実のラインナップを実はそろえてある。
ということで、わさびのり太郎とお好み焼きさん太郎も食べた。
おいしかった。
そして思った。

すごい、と。

他のホームページの言葉を借りるところの「高い再現率」である。
この再現率はすごい。
きっと石焼ビビンバ太郎も酢だこさん太郎も期待を裏切らない高い再現率に違いない。
この薄っぺらで安っちぃ駄菓子にこめられた高い再現率。
もはや脱帽である。
そして思った。

海外進出しよう、と。

日本の味を凝縮しているという点でも、軽くて薄いという点でも、
これらの駄菓子を日本から世界に打ち出していっても良いのではないか。
値が安いというのも、いろいろな国の人に親しんでもらいやすくて良い。

…はっっ。

焼肉さん太郎、お好み焼きさん太郎、酢だこさん太郎。石焼ビビンバ太郎、わさびのり太郎。

どおゆう関係!?
[PR]
by kan-net | 2006-12-03 12:58 | 何気ない
<< だいひょーーーのなぞ 変人のウタゲ >>