なつやすみ?
今日はインターン二日目だった。
満員電車に揺られて朝9時に出社。
そしたら。
人いねーの。
僕こんな時間に来る必要ないんか?
ちょーっとずつ増えて、10時ごろに勢揃いって感じ。。。


まぁこれについては深くは触れないことにしよう。
勤務期間も3週間しかないんだし。
今日は昨日O田さんが置いてってくれた分厚い報告書に目を通したりしつつ、
セルフサービスのコーヒー(クールビズなのにホット)をすすりつつ、
地味に地味にダムとCADの勉強をして、
終わっていった。
明日はO田さんが出社するらしいのでまたがっつこうと思う。


さてそんなことよりさっきシャワーを浴びていて思った、
せっけんが小さい
夏休みなのに全く休んでいない。
そしてこれからも休みではない。
これが、本当に。

7月28日の記事で夏の予定を大まかに書いていたけど、
それからちょこちょこと変更点が出てきていて、

まず8月15日までにADYFサマーキャンプでのイベント、
「まいちょーきゃんぷ」の企画書(英語)を書かねばならない。
コンテンツを考えるところから、一通りせねばならない。
しかもここはキャンプ。面白い内容にしなくてはならない。
あいや、その点については余裕だけど。

次に中学の恩師Y本先生のお召しで、8月20日りーけんゲスト出演のため富山に帰る。
(「りーけん」とは富山市立中学18校?のリーダーたちが3×2×18で100人ほど?
合宿に行って「リーダーたるもの」の素質を磨く、と言うか、意識を高める、みたいなイベント。)
と、ここでちょっと思うのだが、
そんな次世代を担うことを期待されている純粋な少年たちに
「なぁなぁマイムマイムしよーぜー」とか言ってる大学生が偉そうに語ってよいのか?
青少年教育的に相応しくないと判断されないだろうか?
かなり不安なところである。

(と言うよりも実際このところ僕はリーダーとして、いや人間としての未熟さを痛感しており
そんな場所で話をする資格などないのではないか、と本気で自問している。
まぁ折角与えてもらった貴重な機会だし、そんな自分の未熟さを交えて話そうと思っているが、
未だ内容は全く定まらない。)

8月20日に帰ったら、8月20,21日に行われている富山県民体育大会で、
陸上部後輩の応援に行ってやらねばならない。すでに後輩からごねられている。
顧問、我が恩師のM本先生やT山先生とゆっくり話もしたいし。

となるとさすがにきついわけで、19か22日どちらかでインターンのお休みをいただくつもり。
22日の夕方以降はADYFでベトナム人学生との交流会があるから
19日のインターン後の夜行で富山入りして22日の昼前くらいの新幹線で東京に戻ろうかな。
そしたらインターンはインターン、その他はその他で集中できるからね。

て、もはやこれ出張じゃん!!

あとADYFサマーキャンプでのベトナム・ハノイ入りを少し早めることになった。
早めに行けば現地でJICAの援助現場を見学できるかも、らしい。
あと現地での調整お手伝いがあるとかないとか。
ということで8月29日の夕方の便で飛ぶことになった。


とまぁざっと書いてきて、書いてない大仕事(マニフェストゼミの準備)もあって、
本当に慌しい。おちつきがない。
この状態、富山弁で言うとまさに
しょわしねぇ

こらまたしょわっしねぇわぁ~~~。


そんなしょわしない男、明日は日本工営の方が歓迎会を開いてくださる。
社会人の飲みの激しさは既に体験済み。明日はきっとブログなんて書けない。
[PR]
by kan-net | 2005-08-09 22:15 | 暮らし
<< 仕事を通して人について考えた インターンシップ初日 >>