東京国際映画祭
東京国際映画祭に参加してきました。

観たのは、

不都合な真実

元アメリカ大統領候補、アル・ゴアが語り続けるドキュメンタリー啓蒙映画。
地球温暖化問題をテーマに、その事態の深刻さを説き、何とかしようよって言う。

なかなか良い映画でした。
地球温暖化についてあまり考えたことのなかった人が見ると特に良いだろうなと思う。
まあそういう人はわざわざ映画館に行ってこれを見たりはしないのかもしれないけど。
そういやこういうタッチの映画ってテレビで放送されるものだっけ?どうだっけ。
まあいずれにせよ、日本では来年から公開らしい。
全米ではかなり観られたらしいけど日本ではどうなるか、そこにちょっと注目してみたいです。

それにしても、久々に映画館で映画を観たけど、映画館のスクリーンって大きいねー。
前から二列目だったこともあって、
頭は基本上向きで、そこ中心に左右上下へ「ブンッブンッ」て頭を振らねばならなかった。
なかなかない体験でした。それがまた面白かったです。
[PR]
by kan-net | 2006-10-24 21:20 | 暮らし
<< 携帯価格破壊の裏側で むっちゃ怖い夢 >>