空間情報学実習(済)
8月3日~5日の二泊三日でソキア研修所に行き、びっちり測量してきた。
ここではメインで実習した二つの測量、あと夜の部について、記しておこう。

1日目 水準測量
建物の周り、指定された6つの測点の高低差を順々に計る。
約250mの距離を一周してから、
「一周してきたら同じ点なんだから同じ標高のはずだ」
ってんでその誤差を計算して8.2mm以内だったら測量成功。
もしそれを外れていたら、またもう一周、やり直し。

5つの班に分かれて、我が4班、最初はサクサク進む。先頭争い。
最後に振り切られて2位でフィニッシュ!!
うん!まぁまぁ!!
で、さぁ肝心の誤差は??
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・


「な・・・ななじゅうきゅうみり・・・」




やり直しーーーーー!!(T.T)



明らかにちょっとしたミスではなくて標尺の読み違いか記録違い。
二周目、非常に慎重になって、誤差5mmでフィニッシュ。
やり直しをした班はウチともう一つだけだった。


2日目 トラバース測量
前日と同じ6つの測点で、今度は平面座標を順々に測る。
例のごとく建物の周りを一周して、
「一周したら同じ座標のはずだ」
ってんで座標の誤差をみて、
誤差長さを測定全長で割って3000分の1以下なら成功。

我が4班、前日の失敗に学び、練習からじっくりゆっくり進める。
その際、機械の据え付けをしていたら指導員の人に
「違うよ~それじゃ上手くいかないよ~?」
言われてやり直してたら
「違うよ~それじゃ上手くいかないよ~?」
他の指導員に言われた。

。。。おい。あんたら喧嘩しろ。

とかなんとか思うこともあったけど、まぁなんとかスタートして、一周した。
4位のフィニッシュだけど、そんなことはもはや関係ない。
肝心の誤差の割合は…
10000分の3。やりました!!
誤差計算で何度も間違えて冷や汗かいたけど、測量は一回で済んで本当に良かった…。


第一夜
A範教授おごりの酒を飲みながらY子、S絵、S木、O畑、O川とだべる。
Y子ちゃんが霊感の心理テストをして、話が金縛りに及んだとき、
O畑「堀切さん今夜金縛りにあうから」
まーじでーO畑くん相部屋じゃーん。
なんでそんな艶めかしい瞳で見つめてくるのぉー?
O畑「それはねぇ、、、ねぇ」

ぽっ

その後は僕らの部屋に行って6人で大貧民。
最近は自然と貧民になる傾向にある。不思議だ。

23時ごろ、みんな「二人の邪魔にならないよう」出て行ってくれた。
それからのことは、、、言えやしない言えやしない。


第二夜
19時から懇親会、ソキアで用意してくださった酒を、
隣のSトルとトークバトルを繰り広げつつ、
右前やや遠めのS木から酒を強いられつつ、
背後のO畑からねだられつつ、
前方のS絵とパイン星人Y子を笑わせつつ、
飲む。
飲む。
飲むむむむ。

いつの間にか日付変更。
O川を連れ出して星を見ようと外に出る、
と!
☆流れ星☆
人生初の流れ星はソキアでした!祝!!

いつの間にか横にはUッシーと潰れたO野。
潰れたO野は早々と去る。さようなら。
2時50分。限界訪るる。就寝。


というわけで、見所たくさんの合宿だった。
正直ものっすごい楽しんでしまった。
外の作業時間が長かった分かなり強い日焼けをしてしまったから肌が痛いけど
充実した3日間だったなぁ。
[PR]
by kan-net | 2005-08-05 15:30 | 学業
<< 土木技師・八田與一というひと 空間情報学実習 >>