駒込の存在感
先日、山手線品川駅に行ったところ、
いわゆる「内回り」(反時計回り)の案内に、

東京、上野、駒込 方面」

とあった。


おおっ


そうかそうか、品川よ、おぬしは駒込を選んでくれたかい。
いやーーー良いじゃないか、良いことだよ品川くん。
きっと選ぶ過程で、東京と上野だけじゃ少なかったんだろうな、もう一駅ほしかったんだな。
でもそこで日暮里じゃなくて駒込を選んだところが本当にニクい!ニクい演出!!
駒込在住者として感動したよ、ほんとに。もう。

いや、ね、やっぱりこう、
駒込ってあんまり存在感ないわけですよ、ふつう。
石原良純が番組で山手線の駅名全部書こうとしたときにも駒込だけ出てこないわけですよ。
ましてや関西の友達に「こまごめ」って言っても全然わかるわけもないわけです。

それが、だ。
なんと、新幹線が止まる品川が駒込を選んでくれていたわけですよ。
こりゃあ素晴らしいことだよね。
なんか、明日も頑張っていこうっていう気持ちになるよね。
なんか感動しちゃって。


感動のあまり、ここに書き記したいと思ったのでした。それだけ。おしまい。
[PR]
by kan-net | 2006-09-24 00:00 | 何気ない
<< おまわりさんに騙されました 【SC2006】回顧録アップ情報 >>