いちゲキ喰らいました
東大社基の先輩で日本工営に勤めていらっしゃるK野さんを図々しく呼び出し、
国際協力の舞台で働くということ、そのためにしておくべきことなどを語っていただいた。

一番強調していらっしゃったのが…
あれ、結構いっぱいあるなぁ…
とにかく僕の印象に残っていることは、

・プラス思考
・ネットワーク
・バンバン行動
・同じ状況に長く留まらない
・いろいろ調べたり聞いたりして知る
・ツールとしての英語
・話せるコンテンツ

うん、まぁこうやって書き出してみて思うに、
何はなくとも最上の「プラス思考」が一番の強調項目だったかな。
とにかく、いろいろやってみぃと。楽しくやってみぃと。
そしたら良い人生になるんじゃないのと。

実際K野さんはプラス思考でバンバンいろんなことを経験されてきた方。
その経験量もさることながら質がまた高い…。
今は一つ一つの政策を左右する上流(政治)にも興味を持たれているそうで。
すごいなぁ、と。
こんな感じでバリバリ頑張れたらなぁ、と。
思った。

思った?
だけじゃダメなんだよね、行動しなくちゃ。

とりあえず英語の勉強を本気でしようかね。
あ、こんなところにTOEFLの対策本が眠ってるじゃないの。
やってみようじゃないの、これ。
…なんて書きながら、そんな時間はあるわけ?とか思ってみる。
でも何かしないと…せっかくK野さんに話を窺って、
しかもあんなアクティビティー系の勧めを受けて行動に変化ナシなんて、それは無意義だ。
なんとか触っていこう。うん。
ちょっとずつでも2日と触らない日がないようにしましょかね。そしたら。
うん、すごく緩々だけど、マンパワーで考えたらそれが限界。
できることから始める。

ほかにも始めたいことはあるけど始められないんじゃないかって思うことと、
あとここに書くのが面倒と言うこともあって、このくらいで結び。
とりあえず良い激励をいただいたと思う。
[PR]
by kan-net | 2005-06-20 23:49 | 学業
<< バスケット 司会進行役の苦労 >>