京都へ一度目の出張
27,28日に京都へ行ってきた。
Fみと二人で。
パソコンと書類を持って。


現在、2007年初春頃に世界中の目を京都に向けるプロジェクトを水面下で準備中。
今回はそのプロジェクトを一緒にやってくれる関西の仲間を探しに行ってきたというトコロ。
彼らとチームを結成して、本格的にチーム名なんかもつけたら、
ようやく「水面下」脱出ということになるのかな。

ひとつの目標の下、仲間を増やし、目標を実現していくなんて、
よくあるストーリーの序章みたいでカッコいいっぽいね。
実際それなりのプライド持って、一発やったるっちゅー気概で臨んでいきたい。
そんで成功裏に終わらせる気まんまんだぁ。
まだ一年後の話ではあるけど、頑張っていこうと思うのであった。
実際、会った人たちみんな感じ良くて、なんか、上手く行くんじゃないかって。
ひとまず今回の京都訪問は成功だったなという感触。


んで、京都に行ったということで、
関西在住の人は「何で連絡してくれんかったん!」とか
そのほかの人だって「いいなー京都。俺も観光してーよ」とか言われるけど、
そんなんじゃないんです。
いろんな人に
会って会って会い続けて
気疲れして寝て寝過ごして慌てて
会って会って・・・
っていう。感じなんです。
なんか違うの。
そこにあるのは「ストイック旅行」なんです。

ただね、そうは言っても一応すこしは安らいではみたわけ。
「清水寺」
二日目の夕方になって、まだ何も京都らしいことをしてないって言って、
慌ててまだ開いてる観光名所を調べて、突撃して、
「おーこれが清水の舞台じゃないか、飛び降りよう」とか
「あー三本の滝だ。どれがどれやねん」とか
ちょっと、それらしきこともしてみたわけ。

そして引いた御籤はまさかの 

「このみくじにあう人は、人と争いたえず損失あるかたちなり。
物事堪忍して、いかにも柔和の心をもてばこの災をのがるべし」

さらに注目すべきはココ↓

「生死は油断あるべからず」

ゆ・・・油断してたかも・・・
生きていたいと思いますので、
油断しないようにしようと思います・・・。


とりあえず一度目の京都訪問、ひとまずの成功といった感触を得て、
人生に対する大事な示唆も得たということで、
充実したものになったと言えるかな。
これからまた行くことがあると思うので
その時にもまたプロジェクトとしても個人としても充実したものにしたいですね。
[PR]
by kan-net | 2006-04-28 19:25 | サークル
<< 何が起きているんでしょうか。誰... 3000ヒット >>