奇跡的な成績と選手宣誓
さて、覚えている人はいるだろうか、
僕の先学期の数学の試験にまつわるエピソード(2006年1月31日)。
大学に入って初の不可を引き寄せてしまった、と書いていたんだけど。

これがなんと。

「可」ゲット

奇跡だ。りある奇跡。
むしろこんなので本当に単位もらって良かったのか疑問に思ってしまう。


とは言えトータルとしてやはり先学期の試験は苦闘だった。
これまでと比べるとかなりしょんぼりな結果に。
しかも「単位が取れた」ということは再履修ができないということで、
単位を取るには取ったが実際の理解度が浅~い僕にとっては非常に厄介。
もちろん聴講は可能なんだけど、履修と聴講は全く別物なわけで。
なかなか悩ましい状況に追い込まれちゃったわけ。

しからば今学期、如何にして過ごすか。

答えは、
迷うまでもございません。

ADYFと生きていきます。
[PR]
by kan-net | 2006-04-07 13:00 | 学業
<< がんばれ自分、ゆうて 【2006春】日程だけ復習 >>