【2006春】【回顧録】バンコク丸一日
タイには3日間いた。
正確には2月27日15時ごろから3月1日11時ごろまで、だったかな。
そのうち丸一日いたのは2月28日だけ。あんまり何もしてない。
でもカフェでちょっとステキな体験をしました。

◆2006年2月28日(日)◆

当初の予定ではこの日、
昼過ぎの鉄道に乗ってバンコクから東へ移動し、
カンボジアとの国境の町アランヤプラテートに一泊して、
翌日歩いて国境を越えてトラックバスでプノンペンを目指すはずだった。

のだが。

ADYF仕事進捗状況、健康状態、治安状況、
どれもあまり好ましくない状況であるということで、
鉄道駅舎に移動中、急遽予定を変更。
旅行会社に行って、翌日のプノンペン行き航空券をゲットした。

さてどうする。。。
2ヶ月前にも歩き回ったバンコク。見慣れた光景。
今から大きい荷物持って歩き回るのもなぁ~…
ということでカフェに行ってぐったりしてみた。

このカフェ、インターネットも30分無料ということだったので、
そうかそうかと言って使っていたのだが、
後から来たおばさん(オネエチャンと呼ぶのは不適切であろう)が
二台しかないパソコンのもう一台を使うため電源を入れようとして
間違って僕のパソコンの電源を切りおった。
おばさん、自分の使いたいパソコンがつかなくて戸惑っていたが、
戸惑ったのはこっちの方ですから。

おばさん、ようやく自分のやったことに気付いて、
おば:「あらごめんなさい、てっきりこっちのパソコンの電源だと思って」
とありがちなことをおっしゃったので、
ぼく:「いや、いいですよ、きにしないでください」
と笑いながらありがちに応えたところ、
おば:「そうよね、こんな紛らわしいところにあるからだめなのよね」
すでに本当にほとんど気にしてない。
ようやくついたPCでちょちょっと用件を済ませて、おばさんは笑って手を振って去っていった。

若干あっけにとられつつ「今のタイムロスは損したなー残り何分かなー」と思って
タイマーを見たらネジが壊れてて最初っから時間が進んでなかった(笑)
さすがにずっと無料で使うのは気が引けたので38分くらい使ったところで店員さんに教えてあげたら、
店員さん喜んじゃって、アイスコーヒー一杯おまけしてくれた。
そのあとも店員さんと談笑しながら、結局1.5時間くらいそのカフェでくつろいでいた。

なんとなくホッと緊張の解けるようなひとコマだったね。のんびり感とでも言うか。
ちょっとだけステキな経験をしたような気分に浸ってみた昼下がりだった。

夜は仕事帰りで疲れている姉とともにタイスキを食べに行って、
帰ってきてADYFの仕事をもくもくもく・・・
[PR]
by kan-net | 2006-02-28 00:00 | サークル
<< 【2006春】【回顧録】タイ出... 【2006春】【回顧録】ラオス... >>