【2006春】【回顧録】ラオス1日目
初ラオスは初一人旅。しょっぱなからアクシデンタルだったよ。

◆2006年2月26日(日)◆

まず成田を昼頃に発ち、ハノイのノイバイ空港に到着。
乗り継ぎ40分で、すぐに次の便に乗れ、ということだったので
急いでゲートに向かったら、

「あれ、SiemReap行きじゃん」

場内アナウンスとかよく聞くと、

「ビエンチャン行きは飛行機の整備で遅れてます。3時間待ってて。」

うげー。
ひまー。
花札とか持ってこなかったしー。
てゆうか一人だしー。

て思ってたら。
日本人のかた発見。Kさん。
有名な商社にお勤めで、お仕事でラオスに行かれるところでした。
飛行機遅れの代わりで渡されたタダ券を持ってレストランに行って雑談。

Kさんはラオスにも何度もいらしたことがあって、
パスポートを見せていただいたけど本当にすごい数のハンコ。そして追加ページ。
商社と土木の関係とかを少し話したりして、おたがい
「わかったようでわからんね」とか言いながら暇つぶし。
しかし3時間は長かったですね。花札やっぱり必要だった。

ようやく飛行機に乗ってビエンチャン到着。夜9時。
Kさんに教えていただいたとおりの手順でパパッとビザをゲット。一番乗り。
と。
ここでKさんのおかげで命拾い。
もともとの予定では夕方6時に現地入りするはずだったので宿は余裕で探せるはずが、
飛行機の遅延で夜9時になってしまい、かなり焦っていたのだが、
Kさん。すばらし。
Kさん会社の専属ドライバーさん?が迎えに来てくれて、一緒に乗せてくれて、
知り合いの経営するミニホテルに連れて行ってくれた。
ありがとう、Kさん、そしてドライバーさん!!

このホテル、憧れのメコン川がすぐそこにあったのだけど、
前夜が徹夜だったこともあって体調が優れず、そのままベッドに倒れこむ。
[PR]
by kan-net | 2006-02-26 21:00 | サークル
<< 【2006春】【回顧録】ラオス... 【2006春】いってきます >>