タッチパッドにはまる~追い込み学習の効果
最近タッチパッドにはまってます。
いや、はまるというのはちょっと違うか。
使ってます。

上手くいきまへん。

クリックしたくないところでクリックしちゃったり
いつのまにかドラッグしてたり
いつのまにかドロップしてたり

全然上手くいきまへん。

だけど、なんだかタッチパッドで操作してる人をよく見かけるし、
たしかにマウスの持ち運びってかさばるし。

だから実技を繰り返して慣れようと思っているのです。
マウスはもう押入れにしまいました。

熱心だなぁ。
えらい。



なるほどこうやって自分を半ば強制的に追い込めば学習するのか。
留学したら語学力が向上するというのもうなずけるな。


反例。
昨夏、ベトナムに行く前にベトナム語を勉強しようと、
他のCDを仕舞ってベトナム語教材のCDをプレーヤーにセットした。
結果…
CDプレーヤーごと使わなくなった。

結論。
学習効果を狙っての追い込みは圧倒的な必然性のもとで行うべきである。

実践。
明日も試験二つ、レポート提出一つだけどまだ何もしてません。
[PR]
by kan-net | 2006-02-06 17:11 | 暮らし
<< 寝ブッチ回避能力 「よりによって」 >>