ひとりショートコント
えー、今ですね。
ちょっとしたショートコントをしてました。

友人Iくんに電話をかけようとして、
我が家は電波が悪いから自宅の固定電話からかけようとして、
「あー確かこの前かけたからリダイヤルでいけるなー」
と思ってリダイヤルボタンを押したわけ。

呼び出し中。
ちょーーーど携帯電話が着信しまして。
しかも050ナンバーから。

えーしょんぼりだよーーって思いつつ、
「まぁADYFもあるからこの時期は知らない番号からもかかるさ」
と思い、Iくんへの電話を切って携帯の電話をとろうとしたところ、

切れたわけだ。


うん?

と思って即座に着信履歴を見ると。

「2月2日 14:04 自宅(IP)


そう言えば先日自宅内で携帯が書類に埋もれちゃったとき、
着信音を手がかりに捜索するために自分で電話かけたんだった。
そして何故だか知らないけど着信時にディスプレイ左上に出ていたはずの
「自宅」という字も僕の目には入ってこなかったと。
ただただ番号だけ見て、知らない番号だと思って、対応しかけたと。

自宅のIPフォンナンバーとか覚えとらんて!



学期末の追い込みで完全に破滅状態にある僕を襲った
見事なカウンターパンチでした。

ちなみに最近は午前3時とかまで企画書とか英文メールとか書いてたりするので
安定した単位供給にありつく見込みは消えてしまいました。
既に数学は完全に落っことしたし。
これまで「可もなく不可もなく」だった成績も、
今学期は「可と不可だけある」になるんかもね。うー。
[PR]
by kan-net | 2006-02-02 14:04 | 暮らし
<< 豆をまくサンタ 酒バトン >>