「友達」ってなんだろう
友人Aが会話の中で、

「その頃の友達たちがさぁ~」

と話しているのを聞いて、「うん?」と思った。

「友達」ってさ。
「友」「達」じゃないですか。
」って言ってるんだから、「友達たち」っておかしくない?

応用して考えると、

「私には一人の友達がいます。」

これもおかしくない?
「一人の」「友」「」!?
はぁ!?


と、このような疑問を今抱いたもしくは今までに抱いていた人たちへ。
答えをお教えします。

新明解国語辞典 第四版 三省堂 より

ともだち【友《達】
一緒に何かをしたり遊んだりして、気持ちの通い合っている人。友人。
(中略)
表記⇒「友達」。「《達」は借字



しゃくじ【借字】
中国人・日本人など、漢字を使用する民族が、外国語や外来語を、耳で聞いた印象に従って写す時に用いた方法。漢字の意義に関係なく、一字で・一音(数音)を写すもの。(略)


ようするに「友達たち」も「一人の友達」も正しい日本語である。

これでひとつ疑問が解消された。よかったね。


ちなみにふと思い立ったかのように辞書で「友達」という言葉を調べるこの行為。
なかなかこう、、、ねぇ。
他人から見てどんだけ鬱なんだろうかと。
ちょっと想像して含み笑い。
この含み笑いがまた想像を誘発して、スパイラルへ突入。
いやーーー、おかしかった。
[PR]
by kan-net | 2006-01-22 19:42 | 何気ない
<< 夜のコンビニを襲った大人しいイナゴ あーべっくらこいた >>