ボケの進行
うちの大学には学内者なら誰でも使えるPCがたくさん置いてあって、
図書館から情報棟、本郷から駒場に移動しても変わらず使えるし、
なによりわざわざ自分のPCを持ち運ばなくてもいいから便利。(USBで情報運べるし。)
多くの人がかなり高い頻度で利用してるんじゃないかな。
僕も高頻度ユーザーの一人。今この記事も大学で書いてる。

使う時にはログインのためまずユーザー名とパスワードを入力する。
ユーザー名は学生証番号に対応。
パスワードは初期パスワードだけ学校に配布されるけど、自分で変更可能。


このパスワードを、一昨日、ふと、変更しようと思って。
ネットで簡単にできるので、パパッとやったんだけど。

3分後。パスワード入力画面。

「パスワードが違います。」


ちなみに当然のことながら、
パスワード変更時は入力ミス防止のために二度同じ文字列を入力しないと
正常に処理が完了しない仕組みになっている。

なぜっ

きっとパスワード二連続入力の段階でタイピングの手の位置がずれてたんだろう。
考えられるミスパターンを15分くらい試し続けたが、無理。
すみやかにパスワードの再発行を申請。


手続きの期間をおいて、今日新しいパスワードを受け取った。
やはり初期パスワードでは覚えるにも入力するにも複雑で不便なので、
変更手続きが必要になる。パスワード変更画面を開く。

緊張感が走る。
まさかこんなすぐ「またパスワードわからなくなりました」って言ったら
管理センターのおばさんも驚くに違いない。
そこまでして何の特にもならないネタに走る場面だろうか?ここは。
いやぁ…そうだろないね。

久しぶりに全てのキー操作を右手人差し指だけで行いました。
[PR]
by kan-net | 2006-01-18 16:43 | 学業
<< 冬の半ズボン 49円 >>