就活放浪ミラノの記録
2015年6月8日(月)~12日(金)に滞在したイタリア、ミラノの記録。

北イタリアの商業・工業・金融の中心都市。町も広く、古い歴史を感じさせるエリアから観光客が溢れかえる繁華街、新しくデザインされ建設真っ最中のエリアまでいろいろあった。泊まったユースホステルは中央駅の近くだったのだけど、移民が多く住んでいるエリアだったらしいのも印象的。バングラデシュ関係の看板が結構目に入った。少し不思議で不便だったのが、スーパーマーケットのようなものがほとんど見当たらなかったこと。店の名前を知らなくて目に入らなかっただけかもしれないけど、とにかく探すのに苦労した。ちっちゃいことですが。

友人に勧められ、郊外を北東へ電車で1時間のベルガモという町にも行った。中世の街並みを残した小ぢんまりとした町で観光客もたくさんいたけれど、丘の上からさらにケーブルカーで上ったお城の庭にはその時ちょうどあまり人がいなくて、とても眺めがよく、しばらく腰を下ろしてボンヤリとしていた。いつかこんな景色のところに住んでみたい気がした。

就活的には、パリの友人から紹介してもらったJRの方とお食事をご一緒させていただき、アドバイスをいただいた。CVの顔写真は(入れるのなら)笑顔が良い、もっと具体的に実績ハイライトを掲載した資料を別途用意してはどうか(ランドスケープアーキテクチャにとってのポートフォリオから着想)、アムステルダムとコペンハーゲンに信頼できる友人がいるので紹介できる、などなど。実績ハイライトの資料は他の方にも作ってはどうかと言われていたことで、その後作成した。アムステルダムのご友人も紹介いただくことができた。

あとはUITPの展示会場でいくつかの会社を訪問したが、話したいと思っていた会社の人からは愛想悪くあしらわれてしまって収穫なし。イタリアのコンサル会社の人からそう言えば名刺をもらったが事業実施地域がけっこう限定されている印象、だけどもう一度連絡してみようか、今さらだけど。

以下、写真。

観光名所ドゥオモの近辺、旧市街の様子
e0001193_00594134.jpg

このあたりはけっこう古い建物もたくさんありそうで、でも観光エリアだけにトレンディな小売店なんかも多く入っていた。もっと本当に古いんだろうなっていう地区も西のほうにあった。


観光名所ドゥオモ
e0001193_00591984.jpg

観光客でとても賑わったエリア。見学料が2ユーロなので良かったけど、ちょうどイベントの準備中か何かで内部正面とかがあまり見えなかったのが残念だった。


自転車・電気自転車シェアリングステーション
e0001193_01000117.jpg

試してみれば良かった。同じステーションで普通自転車と電気自転車の両方を取り扱うのは世界で最初の例らしい。(Cities Today: Milan adds 1,000 e-bikes to bike share system


UITP-Milanの展示会場
e0001193_05325512.jpg

このイベントに行って人に会うのがミラノ訪問の目的だった。公共交通の事業者が集まっている会議で、日本からJRやその他事業者も参加していた。


ミラノ万博
e0001193_01000996.jpg

テーマは「食」。万博に行ったのは今回が初めてだったのだけど、通常の一日チケットが34ユーロ、夜間のみのナイトチケットが5ユーロということで、貧乏放浪者の僕はナイトチケットで入った。そしたら日本館の展示場とかは既に閉まっていた。悲しかった。


宿の近くで食べたマルゲリータ
e0001193_01000547.jpg

食をテーマとした万博では大した美食はできなかったけど、滞在したホステルから歩ける距離にあったピザ屋さんでは大変美味しいピザを食べられて良かった。マルゲリータしか置いてないの。本場な感じがした。


ところで台湾みたいな建物
e0001193_00595299.jpg

ミラノ中央駅の正面の通りを真っ直ぐに歩いていたらこういう区間がけっこう続いた。別にこういう造りがどこ発祥かは知らないのだけど、台湾で先に見たので、台湾みたいだなーと思った。


ところでミラノ郊外のベルガモ
e0001193_05254502.jpg

丘の上が中世(13~16世紀)の町、下が新しい町、だけど新しいと言っても19世紀とからしい。


ベルガモの丘の上のお城の庭から
e0001193_05255209.jpg

この芝生のところに行きたかったけど行けなかった。ちょっとラピュタみたいな眺め。


ベルガモの丘からの坂道
e0001193_05262149.jpg

こういう通りを歩くのは好きだ。


ベルガモの広場にいたパフォーマー
e0001193_05260049.jpg

「美しいポーズ」でお金を稼ぐパフォーマー。こういうのは初めて見たし、実際に美しいと思ったので少しお金を入れた。お金を入れるとゼンマイ仕掛けのような感じで目をパチクリしながらお辞儀とかをされて、これはとても美しくなくて、残念だった。
[PR]
by kan-net | 2015-07-08 00:03 |
<< 就活放浪スタバンゲルの記録 voyageur / 旅人 /... >>