ぱりぷーらいふ
ぱりぷーの普段の暮らし。仕事も学校もないので生活のリズムを整える仕組みがないのだが、ある程度のところで一定している。いや、一定させようとしている。


僕の一日は起きることから始まる。目覚ましはかけない。7時くらいに起きることもあるし、9時くらいに起きることもある。7時くらいに起きたほうが気分が良い。このところ夜の読書(後述)が長引いて10時くらいまで寝過ごすことがあるのだが、こうなると何かと調子が狂う。

朝ごはんに食べるものがない場合には近くのパン屋さんでバゲットを買ってきて食べる。焼きたてのバゲットは美味しい。

朝ごはんが終わったらコーヒーを淹れながら日記をつける。昨日は何をしたか、今日は何をするかを意識する。「今日こそは」という類の表現が含まれることが多い。

そしてコーヒーを飲みながら就職活動関係のことをする。マークしている会社の求人情報に変化がないかチェックする。何かひっかかる求人があれば吟味して決意を固め、書類を微調整して応募する。それから、これまでマークしていなかった会社のことも調べなくてはならないね、と思って、これまでマークしていなかった会社のことも調べる。でもドイツやオランダの会社を調べていると途中でどうしてもドイツ語やオランダ語の壁に阻まれてしまう。なかなか突破できない。

メール関係もできるだけ午前中のうちにする。先々週までは知り合い伝手の頼まれごとなどもあったけど、今は頼まれごとも少ないので、メールの数はそんなにない。

お昼にはお昼ごはんを食べる。パスタになることが多い。朝買ってきたバゲットの残りを食べることも多い。

それからまたコーヒーを淹れて、まあだいたい午前のことはやったかな、と見渡す。この時、眠い。コーヒーの効き目はあまりない。この次には勉強をしたいのだけど、それには眠すぎる。ただ食後すぐに寝るのもなんか消化に悪そう。そこで無理やり午前の続きをしたり掃除をしたりする。自然とネットサーフィンに繋がることも多々ある。それでもダメな場合は観念してひと眠りする。この食後の眠気対応時間がダラダラと長引く傾向にある。

ともあれ午後は勉強をする。ところで僕のワンルームは北向きの窓なので部屋の中が暗い。そこで図書館へ出かける。最近見つけた地域の図書館は歩いて15分。勉強スペースは10人分くらいしかないが、今のところ常に1人分は空いているので大丈夫。

その後、時間次第で、近所を散歩するか、スーパーへ買い物に行くか、近くの公園でジョギングするか、家に帰って尺八を吹くか、する。

晩ごはんを作る前にワインを冷蔵庫から出す。白ワインは飲む30分前、赤ワインは2時間前くらいに常温環境に置くのが良いと物の本に書いてあった。そんなに細かくは気にしない。

晩ごはんを食べながらネットでニュースを読む。主立った食事の後にはさらにチーズかパテかサラミかその全てを食べる。先日こういうやつ用のプレートとチーズナイフを買った。4種類くらいのチーズを食べる。美味しい。引き続きニュースを読む。

食後は家計簿をつける以外はネットサーフィンをしたりブログを書いたり好きにして過ごす。とてもダラダラする。あまり良くないと思う。

シャワーは必ず夜に浴びる派。

眠る前にはベッドに入ってから30分は読書をする。これまでのところ日本語の本ばかり読んでいる。長く読んだ後はベッドが熱いので、いったん抜け出して、掛布団もしばらくめくりあげて、クールダウンしてから寝る。2~3分で眠りに落ちる。


そんな暮らし。何も用事がない日の標準パターン。人と会う場合、頼まれごとが入った場合などはまたいろいろと変わる。なので実際にこのパターンの暮らしをしているのは週に2~3日程度。つまりそんなに標準にもなっていない。
[PR]
by kan-net | 2015-05-15 05:34 | 暮らし
<< 動かないと動かない、放浪してみ... ブログを書くこと >>