カプセルホテルレポート/ Report about Capsule Hotel
フランス留学中、友人に言われた。「日本にはカプセルで眠るホテルがあるらしいね!?」
During my stay in France, a friend told me that “I heard of Japanese hotels in which people stay in a capsule!”

あるよ!奇妙だよね、でも泊まったことないからよくわからないんだ...ということで、2月14日からの関西旅行にあたって2つのカプセルホテルに宿泊してみることにした。
Yes there are ! Yeah it’s strange, but I don’t know much about it because I haven’t tried it... So I did try two of them while my trip in Osaka from 14th Feb.



ひとつ目:カプセルホテル朝日プラザ心斎橋
First one: Capsule Hotel Asahi Plaza Shinsaibashi

http://www.asahiplaza.co.jp/

実は日本で初の(つまり世界で初に違いない)カプセルホテルが大阪・梅田にあるということだったのでそちらを予約しようとしたのだが、前日の段階で既に予約で満カプ。もっといつも空カプがあるものだとばかり思い込んでいたので、予約の段階で既に予想を裏切られる展開だった。まあ、そんなわけで、心斎橋のカプセルホテルへ。
In fact the first capsule hotel in Japan (accordingly the first in the world) exists at Umeda of Osaka, so I thought of staying there. However it was already full when I checked it the day before. I had imagined that this kind of hotels has so many capsules that we can easily use it, but it wasn’t. Anyway, I took a capsule at Shinsaibashi.

カプセルたち / Capsules
e0001193_16455152.jpg

e0001193_16455913.jpg


カプセル内部 / Inside of capsule
(頭側 / head
e0001193_16460376.jpg

(足側 / foot
e0001193_16460606.jpg


特徴をいくつか列挙。
・ホテルの入り口で靴をロッカーに預ける。スリッパなし。カーペット。
・チェックインした後ですぐに男女の空間が分かれる。
・最初にロッカールームに行き、貸し出される館内用の衣服に着替える。館内は私服で歩き回ってはならない。囚人の気持ちになる。
・荷物はここでロッカーに入れる。ロッカーは意外と大きく、LCC対応のキャリーバッグなら普通に入る。
・カプセルは二段構えで敷き詰められている。カプセルには鍵がなく、ブラインドのようなものを下ろすだけ。
・カプセル内では座れるが立てない。テレビ、ラジオ、電灯などがある。
・カプセルごとの気温調整はできない。やや暑く、乾燥している。
・カプセルには防音効果がほとんどないらしく、音は筒抜け。他カプセルのテレビの音やいびきなども聞こえる。朝は目覚ましがそこら中に鳴り響く。
・共有スペースとして大浴場がある。サウナもある。リンスインシャンプー、ボディソープや、ボディタオル、バスタオルなども揃っている。髭剃り、歯ブラシなどもある。
・その他に男女共有スペースとして談話室や食堂や漫画スペースなどがある。
Some characters;
・Need to leave our shoes in a key locker next to the entrance. No slipper. Carpet.
・Spaces for men and women are separated just after the front desk.
・Need to go firstly to a locker room where we must wear a given clothes. Mustn’t stay wearing our own clothes. Feel like a prisoner.
・Put our belongings in a given key locker which can keep a LCC corresponding carry-bag.
・Capsules are placed without gap in double-deck style. No key for each capsule. Use a blind to close the capsule.
・No height to stand up in each capsule. TV, radio, lights are provided.
・No air conditioning for each capsule. Temperature is a bit high, and it’s dry.
・Capsule has little soundproofing effect. TV sounds or snoring from other capsules. Alarm from everywhere in the morning.
・Large bus with sauna as a shared space. Shampoo, body soap, body towel as well as bath towel are provided. Shaving, toothbrush too.
・As a men and women shared space, there are a common room, a dining room and a manga space etc.


大まかに言って、カプセル空間はドミトリーをもっと便利にして無機質化して区切ったような感じだ。ノーマルタイプの宿泊で一泊3000円。
Roughly speaking, capsule space is like a dormitory that is more convenient and dehumanized and well separated. Normal one night stay costs 3000 JPY.



ふたつ目:ファーストキャビン 御堂筋難波
Second one: FIRST CABIN Midousuji Namba

http://www.first-cabin.jp/locationlist/osaka.html

ふたつ目は旅行サイトにも紹介されたことで一部の人から注目を集めるファーストキャビンへ。「飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクト・ホテル」とのこと。
Then I tried “First Cabin” that was introduced in some Japanese websites for travelers. This is, according to them, “a compact hotel created with an image of first class of airplane”.

キャビンたち / Cabins
e0001193_16461011.jpg


キャビン内部 / Inside of cabin
e0001193_16474098.jpg



特徴をいくつか列挙。
・チェックインした後ですぐに男女の空間が分かれる。
・そのまま「キャビン」まで着の身着のまま、荷物も持って入れる。スリッパや部屋着がある。共有スペースに行く際にはそれらの着用が必要。
・キャビンの出入り口はカーテン(固いしっかりしたもの)で仕切られている。鍵はない。
・各キャビンのベッドの下に鍵つきのセーフティボックスがあるが、高さがないのでLCC対応のキャリーバッグは入らない。
・キャビン内は広めのベッドと、その隣に同じくらいの幅のスペースがある。テレビ、ラジオ、電灯や、ハンガーや姿見もある。テレビやラジオはイヤホンで聞く。
・キャビンごとの気温調整はできない。やや暑い。乾燥しているが、キャビンごとに加湿器がある。
・カプセルには防音効果がほとんどないらしく、音は筒抜け。他カプセルのいびきなども聞こえる。朝は目覚ましがそこら中に鳴り響く。あと、材質の問題なのか、貸与されるスリッパの擦れる音はけっこう聞こえる。
・共有スペースとして大浴場がある。サウナもある。シャンプー、リンス、ボディソープや、バスタオルなども揃っている。髭剃り、歯ブラシなどもある。
・またビジネスパーソン用の電話スペースや仕事スペースなどもある。
・その他に男女共有スペースとして談話室がある。食堂や漫画ミニスペースはたぶん男女別のスペースだった。
Some characters;
・Spaces for men and women separate just after the front-desk.
・Accessible up to the “cabin” with our own clothes and our own belongings. Some slippers and room wears are provided. Need to wear them to access the shared space.
・Cabin is closed by a curtain (hard one). No key.
・Each cabin has a safety box under the bed, but the box is too narrow for a LCC corresponding carry-bag.
・No air conditioning for each cabin. Temperature is a bit high, and it’s dry, but there is a humidifier for each cabin.
・Cabin has little soundproofing effect. Snoring from other capsules. Alarm from everywhere in the morning. And, it is maybe because of its material, but the rustling noise of slippers on carpet is sufficiently large.
・Large bus with sauna as a shared space. Shampoo, rinse, body soap as well as bath towel are provided. Shaving, toothbrush too.
・Telephone spaces and working spaces are provided as well.
・As a men and women shared space, there is a common room. Dining room and manga space were probably separated by sex.


大まかに言って、前日のカプセルと比べてキャビンの方が圧倒的に広いし高級感もあったのだけど、カプセルに劣る欠点もあるなという印象。特にセーフティボックスの件はけっこう致命的だし、スリッパの擦れる音は耳障りだった。ノーマルタイプの宿泊で一泊4000円。
Roughly speaking for the second one, this cabin was much larger and much luxury than capsule, but there are some shortcomings. Particularly, the problem of safety box seems critical, and the rustling noise was sufficiently disturbing. Normal one night stay costs 4000 JPY.



どちらのホテルも客室に鍵がかからないのは、法律上の簡易宿舎に該当するのが理由のよう。災害時の避難なんかが念頭にあるのだろう。鳴り響く他人のアラーム音を聞きながら、これはドミトリーをもう少し便利で近代的で非人間的な雰囲気にした空間だな、と思った。そう思えば、けっこう理解できるかもしれない。
Both capsule and cabin don’t have any key because they are classified as “simple lodgings”. Smoothness of evacuation must be considered. With hearing alarms of others, I understood that this is a kind of dormitory that is more convenient, modernized and dehumanized. Once we understand it, it’s possible to accept it.

結論。これは、もう少し便利で近代的で非人間的な雰囲気の、ドミトリーです。
Conclusion: This is a kind of dormitory that is convenient, modernized and dehumanized.


[PR]
by kan-net | 2015-02-24 16:52 |
<< 北陸新幹線に乗って 伊勢神宮のお写真 >>