プロフェッショナルの仕事
この人と一度会ってお話してみたいなあという人。

・イチロー
・羽生善治
・夏目漱石

(他にも誰か、猛烈に会いたいと思ったことのある人がいるはずなのだけど、今にわかに思い出せない。日本人以外で「むむっ」と思った人がいるはずなのだけど。)

ちゃんと知ってるとは言えないけど、この人たちはプロというか本物なんだろうなあと思うから。こんな瞬間、あんな瞬間、何をどんなふうに感じて考えているのか聞いてみたい。爪の垢でも頂いてみたい。

日本に帰ってきてからテレビを見る機会が増えて、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を何度か見たけど、これは良い番組だなぁと思う。かけつぎ職人の松本孝夫さんの回なんかはずっと見ていたのだけど、一番印象に残った言葉はサイトにも載ってるけどこんなだった。

「修理は修理なんですよ。ところがその修理の中に自分の気持ちがどれだけ入っているかが仕上がりに違ってくると思うよね」

これは本物の人の言葉だなぁと思う。一通りのことはできて当たり前で、その先を行くことが違いを生み出すんだと。松本さんの認識における「普通な水準」とでもいうのがおそらくそれだけでも一般には到達の難しいものだというのは想像に難くない。

僕も、そんな仕事をしたい。


理想と言えば正月に前職の先輩から「こういうコンサルタントを目指したらいいんじゃないかと思った」と送られてきたこちら。ジャズピアニスト上原ひろみさん。




その後、この上原ひろみさんの関連動画で探していって、今やハマりつつあるのがフランスでのこのライブ。特に36分30秒からのカノンが最高に良いです。




楽しく、精一杯の仕事をして、人に喜びを与える。素晴らしいことだと思う。目指すものがそこにはあるなぁと思う。



Youtubeついでに。フランス滞在の終盤、尺八の参考になる動画でもないかと探していたらこの和楽器バンドというのを不意に見つけたんですが、これけっこう良いと思う。かなり海外ウケを狙ったんだろうと思うんだけど、かなり海外ウケすると思う。応援したいと思うバンドになりました。



[PR]
by kan-net | 2015-02-10 22:10 | 何気ない
<< 読書録:星野道夫「旅をする木」 ウガンダ旅行(2014年11月... >>