時間の流れ
前々からわかってたことなんだけど、
最近、時間の流れがおかしい。

【時スケール】
いつの間にか時計が深夜0時を指してる。
そんでやばいー言って、また気付くと3時になってる。
時計が狂ってるんじゃないかーなんて思ったりするけど、
狂ってるのはそこにある時計じゃなくてこっちの体内時計。
そうしてまた翌日には8時半からの講義に出るべく7時半に起きて、
朝食すませて大学まで自転車をかっ飛ばすわけだ。

【日スケール】
三連休だと言うのに、ここまでの二日間でしたことと言ったら
睡眠 食事×6 風呂×2
掃除 食料品買い物 レポート×4
あれ、日本国憲法第二十五条にこんな文があったような。
全て国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
なんと僕はこの権利を持ちながらにして家にこもってレポートを書いているわけだ。
と思うと、なんだか癪に障る。
明日だけでも全部ほっぽりだして遊んだろか!!
…嘘。明日もレポートや試験勉強で必死になるのは明白。


とまぁこんな時間が流れているまま、間もなく最終試験期間に突入しちゃうわけだ。
えーーーーー。そりゃないわ。
日スケールはまぁ試験期間にも対応しとるけど時スケールはまずい。
一夜漬けした末の寝ブッチ(寝すごして無受験)だけはシャレにならない。
でも、このままの流れだと、、、ありうる。

変革せねば!!

ちゅーわけで早寝早起き計画の断行が決定。
遅くとも深夜1時には床に入る。
6時間は寝て、7時には起きる。

この計画、試験期間があまりに差し迫った段階における断行であり、
単純に勉強量が不足して全然ダメダメな結果を生み出すリスクをはらんでいる。
吉と出るか凶と出るか。

ちなみに決まり事には抜け穴というものが付き物。
今回の場合。
「但し、安眠できそうにない場合は無理に寝る必要はない。」

いや、ちゃんと1時には寝るよう心がけるけどさ。
[PR]
by kan-net | 2005-07-17 23:00 | 何気ない
<< 初日から 秒単位の争い >>