声変わり
変声期までに慣れ親しんでいないと外国語の発音は完全に再現できないと聞く。
Sくんの話では僕の英語は"t"とか"th"の発音が珍しいのだそうだ。
うーんしかしどうしようもないんだな。もう声変わりは終わっちゃったもの。

最近でかなり衝撃的だったのはベトナムSCでのこと。
あちらでの滞在先は「プリンスホテル」。よくある名前ね。
で、ほとんどの移動はタクシーによるものだったので、そんな場合は住所を言うわけだ。
「なむなむはんべー」
はいこれがホテルの住所。単純だねぇ。

しかしこれが通じなかったんだ。
何度「なむなむはんべー」言っても。
ときおり「にゃむにゃむはんべー」って応用してみても。
あーこりゃ無理だと思ったね。
んで文字で伝えたらなんら僕らと変わらぬ声で「なむなむはんべーだね?」だもの。
まいったねぇ。


母音が何十もある言語ってのを聞くけども、なんや想像もつかん。
いくら文法を習得しても通じないんじゃないかっていう気になるね。
外国語教室モノの広告では明らかに子供時代を終えた人たちが
「楽しくしゃべれるようになりました☆」
ほんまかいな。信じられん。


…ほんまやったりして…


ちなみに中学時代からNHKの基礎英語を聞き続けて
ネイティブ並の発音を身につけた人がいるらしい。
すげー。その継続力がすごい。そりゃ上手くもなるわ。

夏には暫くフランス語講座を聞いてたけどやめてしまったし。
とりあえずたくさんの言語を扱えるようになるのは憧れだな。
時間を見つけて、そうだなぁ、やっぱベトナム語を話したいな。

なむなむはんべーくらいは通じるようになりたい。


ところで今日のサザエさんを見て衝撃を受けた。
ワカメちゃんの声が…声変わりか何かだろうか…
[PR]
by kan-net | 2005-12-11 20:37 | 何気ない
<< 東京の冬 忘年会第一弾=国際Pコース >>