フランス生活も10日目を終えた
今日がフランスに来てから10日目だったようだ。さっき気づいた。

感覚としては2週間くらい経過しているような気分。
まだ内容の濃さの方が、実際の時間の経過を少し上回っていると思う。
これから生活が軌道に乗ってくると、時間に追い抜かされていくのだろう。

フランスに来て10日目ではあるけど暦はすでに4月半ばを回ったわけで、
「5か月間」と言っていたうちの一割がすでに終わってしまったことになる。
ということは、濃密だった、とか浸っている場合ではなくて、
わき目を振らずずんずん上達していかなくてはならない。

今のところ良い具合に勉強も生活もできていると思う。
フランス語の授業には集中できているし、休み時間や放課後には図書館に通って
復習だのなんだのしている。こんなに図書館に浸ったことは日本ではなかった。
授業以外には日本から持ってきた初級者向けの参考書を少しずつ進めることと、
フランス語の書物の和訳をしてみること、
知り合いのフランス人にフランス語のメールを書いて送りつけてみることを日課にした。
部屋ではフランスのラジオをかけて、うまい具合にフランス語漬け。
息切れしない程度にこの日課を持続していきたいと思う。

生活も少しずつ慣れてきた。
朝食では自分でコーヒーメーカーのスイッチを入れる。
夕食は20時15分くらいからなので、20時くらいから筋トレをする。
夕食の後にゴミを捨てるのは僕の役目だ。
夜は22時くらいまでにシャワーを浴びたほうがよさそう。
眠るときには部屋のドアを閉めたら良い(普段はずっとみんな開いている)。
まだわからないのは夕食が終わってから部屋に引っ込むまでの間合いで、
もう少し自然な感じでスッと出られると良いよなあと思う。

なにしろフランス語をずいずい上達させなくては。
慣れてきたと言っても、やっぱり言葉が分からないから曖昧に誤魔化していることが
生活の中でたくさんある。
今は本当に、フランス語の上達が何よりも重要だ。

一生懸命やろう。
大学生の頃、いつも教室の前の方に座ってすごく真剣に勉強してる元社会人とかいた。
すごく予習・復習してあるのね、彼ら。そして非常に真剣に講義を受けている。
そういうイメージ。そういうイメージの人に、私はなりたい。

まだまだだな。

あ、そうそう、たいへん慣れないものがあった。気候!
なんか先週はけっこう肌寒く、着込んで学校に行ったりしていたのだけど
週末から一気に暖かくなって、今日は半袖で過ごした。
明日なんて26度になるらしい!
かと思ったら、明々後日には12度まで下がるらしい!!
季節の変わり目とはいえこの乱高下。たまらん。
どっちかにしてほしい。たのむわ。

そんな10日目の夜。
[PR]
by kan-net | 2013-04-17 06:42 | 暮らし
<< 王子さま(寛訳1) 東北旅行記録(2013年3月3... >>