フランス生活一週間目の感じ
Bonjour! フランスより僕です。

フランス・パリに到着したのが4月7日の夕方。現在4月13日のお昼なので、まだ丸一週間は経過していないけど、暦的には今日で一週間。とはいえもうこっちに来てそれなりの時間が経過したように感じる。それだけ濃い一週間だったのだろう。

-----

4月7日(日)、予定よりも2時間遅れて夜7時過ぎにパリに到着し、その晩はそのまますんなり休息。夜8時でもまだ外が明るく、異国に来たなという思いを新たにする。

4月8日(月)、朝9時の高速鉄道で中仏の町ヴィシーへ移動。この出発の際、駅の窓口でチケットを入手しようとするも長蛇の列が行く手を阻み、最終的に車掌さんに荷物を引っ張られてのギリギリの乗車(乗車した瞬間にドアが閉められた)。危なかった。たいへん危なかった。でも乗れてよかった。

3時間の移動の後、ヴィシーの駅でホストマザーのシルビーが迎えてくれた。忙しいお母さんは家に案内した後けっこうすぐに仕事へ出かけてしまった。一人ぽつんと残された僕は荷物を整理したあと、ちょっと疲れたのでお昼寝。起きたら隣の部屋に息子のセドリックが帰ってきていて、ご挨拶。

家族構成はママに加えてホストブラザー1人とホストキャット3匹。アパートメント暮らしだ。2人も3匹も英語を話さないのでフランス語とジェスチャーで意思疎通をするしかない。僕のフランス語レベルは今のところ最底辺なので、わかってはいたけどとても大変だ。早く言葉をマスターして意思疎通できるようになりたいと思う。

4月9日(火)、朝8時に語学学校へ行き、レベルチェックのテストを受ける。もちろん全然わからなくて、A1-2とかいう下から2番目のレベルのクラスへ振り分けられた。

授業は全てフランス語でわからない単語・表現がたくさんだったけど、そういうレベルのクラスなのでギリギリついていける。しかしそもそも一日中レッスンを受けるという経験自体が久々で、たまに集中力が切れてしまって全く理解できない時間があるなど。まずはここでの生活スタイルに順応していかなくてはならない。

この日は9月から同じ大学(コースは違う)に行くことになっている日本人学生5人の方たちと一緒にお昼ご飯を食べた。みんな22歳とかで、卒論を終えたばかりの若い子たちだ。ちなみにそのうち2人は語学のクラスも同じ。ずっとつるんでいると語学習得に支障がありそうだが、今後長く付き合うことになる仲間たちなので適度な距離を保ちながら仲良くしていきたいと思う。

4月10日(水)は朝8時45分から授業。というかここの学校の授業はコマ数が少ない。一週間で13コマ(×1.5時間/コマ=19.5時間)ぽっきり。

月・・・ 11:00~12:30 14:00~15:30
火・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30
水・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00
木・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30
金・・・ 8:45~10:15 10:30~12:00 14:00~15:30

というわけでこの日の午後は図書館で勉強をして、それから少し散歩をした。のんびりした昼下がり。夕食の食卓で少しまともに会話ができた気がしてうれしかった。

4月11日(木)、少し生活にも慣れてきた気がしつつ、でもまだ5日目だと気づく瞬間あり。雨で図書館に人が溢れかえり、席が取れなかったので家に帰って勉強する。

4月12日(金)、少し生活にも慣れてきた気がしつつ、でもまだ6日目だと気づく瞬間あり。自室の明かりがちょっと弱いこともあり、図書館で復習や予習をするのは非常に快適だと確信した。毎日の習慣にしようと思った。

-----

そんな一週間。

それなりに良いスタートを切れたと思う。ホストファミリーは良い人たちだし、ヴィシーの町はこじんまりとしていて平和な感じだ。語学学校でも家の中でもフランス語には今のところとても苦労しているけど、わかっていたことなので大丈夫。大変だけど、がんばれる。

まあ、新しい環境へ身を移したことに加えて時差ボケもあるのだろう、木曜日くらいから少し疲れを感じつつある。思っていた以上に肌寒いので風邪をひかないようにしないといけない。

今日は土曜日。午前中はちょっとダラダラしちゃった。天気も良いし、これから出かけて散歩でもしてこよう。帰ったらこの一週間の授業の復習もちゃんとやろう。

そんな一週間でした。
[PR]
by kan-net | 2013-04-13 19:41 | 暮らし
<< ヴィシーの様子 2013年4月7日フランスへの... >>