東海道五十三次 第十八日
東海道の旅、第十八日。旅も佳境に入り、恐れていたことが起きたりするが、終わり良ければすべて良し!

旅館の朝。出発の準備をしていると、旅館の主人が「あの、これ。」と握り飯とチョコレートを差し出してくれた。東海道を歩く人にはいつも握り飯を作ってあげているそうな。チョコレートは「バレンタインデーだから(照)」とのこと。おいさっきまでそこにいた女将はどこへ行ったんだ出てこい、とやや納得できないところもあるが、ありがたく頂戴して、朝9時20分に宿を発つ。

昨日とは打って変わって朝から晴天。身体の随所を労わりながら、のんびり歩みを進める。心なしか荷が重く感じるのは疲れからか、それとも握り飯か、はたまたチョコのせいか。あまり考えないことにして前進を続け、午前12時5分、第五十一の宿場、石部宿に到達。前の宿場からの距離は約13.7km、所要約2時間45分、歩数18526歩。

e0001193_234653.jpg


近くの休憩所で握り飯を食らう。でかい。そして美味い。ありがとうご主人!ご主人…。

e0001193_0181728.jpg


胸が満たされたところで旅路を再開。ここで事件は起きた。というか事故が。

歩いていたのは細い一般道。車が行き違うのも難しいような細い道路ながら、近くの幹線道路のバイパスになっているらしく交通量がけっこうあった。歩車の分離は白線のみで、僕は白線外側で下水溝の蓋上などを歩いていたその時。後ろからきた車両のサイドミラーに右腕を撥ねられた。

思いがけないことに瞬間あっけにとられる。車は何事もなかったように走り去り、ん、何事?と思っていると対向車が止まって「お兄さん当たられたでしょう!?大丈夫!?」と心配してくれた。幸い当たりどころが良かったようで特に痛くもなく無傷だったので、大丈夫みたいです~と答えたら、「デミオの○○○番だったよ!」と教えてくれた。お礼を言って再び歩き始めたのだけど、こういう怪我のない接触事故の場合って警察とかに言うとどうなるんだろう?此処で現場検証がナントカとかになると旅路に支障も出るし、あのデミオがすぐ止まって怪我の確認とかしてくれたらそれで済むことだったのになぁとか思う。

それにしても狭い道路なのによく車が通る。しかもけっこうスピードを出して。一度当たられてちょっと車が怖くなった僕は狭い排水溝蓋のさらに外縁を歩いていたが、電柱がその歩行者スペースを遮ったりしていて安全に真っ直ぐ進むことができない。周辺地域住民たちの日常的な危険が気の毒だ。小さな子を持つ親はこんな地域には住めないだろう。交通計画、交通政策に大いに問題があるなぁと感じた。こんな道路はイカンよ。

e0001193_191118.jpg


接触事故を境にどうにも気持ちが落ち込んでしまった。このまま今日は終えられないぜ!ということで次の宿場町に入ってすぐにあった御菓子屋で甘いもんを食べることにした。うばがもち。うまっ!

e0001193_113372.jpg


けっこう単純に気分は回復して、そのまま午後3時50分、第五十二の宿場、草津宿に到達した。前の宿場からの距離は約11.7km、所要約3時間5分、歩数20273歩。本陣は内部を公開していたので見学もしてみた。良かった。

e0001193_120649.jpg


ところでここ草津は思い出深い地である。あれは凡そ6年半前になろうか、サークルの活動でこの地に降り立った僕とFumiは所用を終えて路線バスに乗りながら、「草津に来て温泉に入らず帰れるものか!で温泉どこ?」と言葉を交わしていたのだった。Fumiが携帯で検索して草津違いだと結論付けるまでそれなりに時間はかかった。消してしまいたい記憶である。

あれから少しは大人になった僕はしかし、懲りずに草津温泉を探すことにした。というのも、例えそれが草津違いだとしても、地球上どこでも頑張って掘りさえすれば温泉は出るものだからである。なので調べてみた。あった!この滋賀県草津市にも草津温泉はやっぱり実在した!しかも本陣のほど近くだったので、その足で向かってみた。本当にあった!

e0001193_1435358.jpg


なんか「Onsen」って書いてあるけど…。恐る恐る近づいて見ると下駄箱なんかもあって、確かに公共浴場のようだ。しかし残念ながら木曜日は定休日、Onsenの実態を調べることはできなかった。その場に長居するとなんだかマズイような気がしたので、足早に立ち去り、午後5時、ホテル大昌草津に投宿した。


感想。事故には遭わないようにと思っていたけど、ちょっと遭ってしまってショックだった。でも全く怪我もしていないので不幸中の幸いだったと思う。残りの道のり、ますます気を付けて歩くことにする。ただ、もし落ち込むようなことがあっても、甘いものを食べたら気分が良くなることがわかった。

ところで2013年の成績は一個(2013年2月15日午前2時現在)であった。それも、たぶん義理である。住所不定状態が響いたか。それを補うためにわざわざ行程を発信し続けたのに、残念な限りである。明日は甘いものを食べよう。


本日の通過宿場:五十、水口宿(出発)~五十一、石部宿~五十一、草津宿(到着)
本日の歩行距離:約28km(GPS経路データより)
本日の歩行時間:約6時間45分
本日の歩数:42047歩


余談。夜は中学時代の大親友であり現在彦根市に在住のYusukeと数年ぶりの再会を果たした。変わらず元気そうで良かった。なかなか滋賀に来ることはないから、本当に今回この旅をして良かった。
[PR]
by kan-net | 2013-02-15 02:22 |
<< 東海道五十三次 第十九日 東海道五十三次 第十七日 >>