においの日
このところ何だか作文することを心掛けていまして、
乱筆乱文かつどうでもいい話ばかりですがお付き合いください。
考えたこと思ったことを表現してみようと思っているのです。

今日はにおいについて。

今日は仕事がなかなか進まなくて、粘っていたら終電ギリギリになってしまった。
駅まで走り、やっとの思いで電車に滑り込んで腰を下ろしたところ、
隣に座った人のタバコ臭がものすごくきつかったんですわ。
ほかに空いてる席がなかったし疲れていたから辛抱して座ってたんだけど
あんまりきつくて途中で立つことにした。
タバコが苦手な僕には、とてもつらかったのです。

そして寮に到着して風呂場へ行くと、またここが、なんとも残念なことに、
とっても汗臭い。とーーっても汗臭い。ツーン。
普段の寮は、みんなそんなに汚くしてないし毎日お掃除もちゃんと入っているので
くさいなんていうことはほとんどないのだけど、
今日ばかりは。しかもよりによって風呂場が。
脱衣所から風呂場にかけてツーン。いや、きつかった。

きついよーきついよーと思いながら、とりあえず身体を洗っていたら、
隣に同僚が入ってきた。んだが、彼がまた、
タバコくさいのなんのって。
初期条件の汗臭にタバコ臭が加わって、僕の鼻は滅びました。
一日の終わりにずいぶんとニオイに攻め立てられる日だった。

そういえば日中も、ネパールから帰国したオジサンがすごく強い香水をつけてて
悪い香りじゃないんだけどちょっと強すぎるなぁと思ったのだった。

今日はニオイの日だったな。
僕自身はまったく香水とか使わなくて、夏場とかにギャッツビーとかするくらいなんだが
ニオイってけっこう人に与える印象が大きいよな、と改めて思った。
自分のニオイってなかなか気づきにくいんだけど、
人の不快になるニオイは絶対に出さないよう気を付けようと思ったのであった。

おしまい。これぞ乱文。おやすみなさい。
[PR]
by kan-net | 2012-11-14 02:13 | 暮らし
<< ブラジルの皆様と1日目 文庫本を書く >>