S子さんバースデーパーティー
S子さんが11月5日にX歳の誕生日を迎えるということで、
研究会の時間を使ってADYF挙げてのバースデーパーティーが執り行われた。

男たちがやりたい放題で暴れまわっているADYFにおいて、
男とは全く違う面で圧倒的な実力を認められ君臨しているS子さん。
いつも全体を見渡し、必要と判断することを手際よくパパッとこなしていく。
あまりにも自然に手際よくこなすので時折それを特殊と思わず見てしまうのだが
並み大抵ではないことをしてくれている人なのだ。

二人で話していて「私にはこのくらいのことしかできないから」と言われたことがある。
S子さんの柄からして、それは謙遜でありまた本心でもある。
しかし彼女の意識している以上にADYFにとってS子さんは大きい存在。
「このくらいのこと」がどれだけみんなにとってありがたいことか。

今回はそんなS子さんへの感謝と祝福の気持ちを込めて、
メンバー総出でパーティーを準備した。
クラッカー、バズーカクラッカー、ケーキ、プレゼント、シャンパン、、、
ADYFにおいてこれほどのパーティーを開いてもらえる人は他にいないだろう。

来春には就職してしまうS子さん。
彼女がいなくなってしまったらADYFはどうなるのか、
今からすでに不安を感じてしまうほどだが、
残るメンバーでちゃんとやっていけるよう成長していきたいと思う。
これからもADYFの母として僕たちを温かく見守ってほしい。

おめでとう。ありがとう。これからもよろしく。
[PR]
by kan-net | 2005-11-01 21:00 | サークル
<< 自分を見つめなおす 岡村杯第二戦 vs河川・土質研 >>