身体が二つになったら
全然仕事が間に合っていない。
ジャカルタの仕事はなんとか蹴りをつけたものの、
本命のカラチの仕事が間に合わない。
このまままた次の国へカラチの仕事を持っていくなんていやだー。。


と思うのは自然な成り行きあって、
その際に「ああ、身体が二つになったらなあ」と思うのも自然の成り行きです。


身体が二つになったら、
・あの仕事とこの仕事を手分けしてやろう
・仕事が片付いた方の身体から、久々にスポーツして身体を動かそう
・二つともの身体の仕事が片付いたら、その二つの身体同士でテニス対決をしよう
・テニスの前と後にはお互いにストレッチを手伝おう
・一緒にビリーズブートキャンプもしよう。人数が多い方が楽しいはずだ
・にらめっこ
・デュオ結成
・組み体操

夢は膨らむ。


でも身体が二つになったら、
・どうやって二つを同時に動かそう。同時に二つなんて難しそう。
・家族や友達もびっくりしてしまうだろうに。どうやって説明しよう。
・それに、身体一つに戻りたいと思った時に、ちゃんと戻れるだろうか?
・なによりここのホテルのこのセミダブルベッドじゃ狭い。その趣味はない。

なかなか難しそうだ。


さしあたり当面は身体一つで何とかがんばっていこう。
[PR]
by kan-net | 2010-10-23 03:43 | 何気ない
<< そうか問屋よ 本領発揮する男 >>