セミナーに出て思うこと
昨夜、社会人も学生も来ているセミナーに出席したのだけど、
学生や教授の発言にちょっとした刺激を受けた。

しかしその発言の内容は
学生の頃にはしょっちゅう自ら話していたようなものであったので、

ちょっととはいえ刺激に感じた自分に、
うーん我ながらたった3.5ヶ月でけっこう変わったんだなぁと
驚くと同時に自身への失望を覚えた。

つまらないと思っていた人間になりつつあるような気がした。




そんな失望感・不安感を抱きながらも、
尊敬する多くの仲間や先輩、恩師に恵まれていることを有難く思う。
彼らがいるおかげで、彼らとの再会を思い浮かべるだけで、
つまらない人間にはなれない、なるもんか、と思うから。


持つべきは友。こんな意味でも、そう思った。
[PR]
by kan-net | 2009-07-16 00:34 | 仕事
<< 苦悩の帰省 フットサルの休日 >>