9・19ミーティング
SC終了後、初めてのADYFミーティングが行われた。
その呼びかけ人は僕。
これまでは新旧の差がどうしても色濃くて、
そのことが幾つもの問題を生み出してるっていう意識があったから、
これは新メンバーである僕がいくしかなかろう!と思って。
で、話し合った内容なんだけど、それについては、、、

今回のミーテは数日前からいろんな人が「何を話すべきか」を真剣に考えていて、
MLも何通も回っていた。
だから司会者としてはそれらを見極めてミーテの流れをイメージしておくべきだったんだけど、
そのほとんどが大切に見えて、しかもじっくりと考察する時間もとれず、
結局はAgendaをしっかり定められないまま時間が来て始まってしまった、という感じで、
非常に反省。自分にガッカリ。

結果オーライだったと思うのは、本当に流れに委ねた話し合いだったから
みんなが気軽に言いたいことを言えたんじゃないかなってこと。
いや、最初の方はなんかSCの悪かったところをドンヨリしながら話す感じで
やばい!最悪や!!て思ってたんだけど、
SC不参加者の山Dが良いこと言ってくれた後に空気が改善され、すごく助けられた。
山Dありがとう!!

あと、自然な流れのなかで議論の主題が
ADYFで何を得たいか、ADYFは何を目指すか
に行き着いたのは、正に今こそ根本を据え直すべき時なんだなってことを
改めて実感させられた出来事だった。


さてミーティングは12時の昼食から始まって16時半に一通り終わり。
メンバーを入れ替えつつ飲み会に移行。
ベトナム料理、ベトナム酒で数日前の思い出に浸って盛り上がる。
それからさらに6人残り、二次会へ。でもこの時まだ21時とかそこらへん。
変な名前のカクテルを中心に飲む。
その終盤あたりでSんごが帰り、残った5人はKん・S子・Aっこ・Sん・山D。
そして終電を残したままカラオケオールに突入!!

ここでも光る才能を感じさせたのは山D。ずるいほどにカラオケをよく知っている。
赤鬼と青鬼のタンゴとか普通に出せる技じゃないだろ。
まだまだ勉強不足だなぁと感じたのだった。
次のカラオケまでにはネタを貯めこんでおかないと!

なおこのカラオケで僕はついにリバーシブルな男へと一歩成長を遂げたことも付記しておく。
心配してくれたみんな、特にAっこには感謝してます。ありがとう。
[PR]
by kan-net | 2005-09-19 12:00 | サークル
<< 山中湖合宿 ~夢を架けるアーチ橋~ 多治見市ローカルマニフェスト・... >>