とんちんかんキヨハラ忘れ物
自然に使ってみたい言葉。

唐変木(とうへんぼく)
気のきかない人物、物分かりの悪い人物をののしっていう語。
例文:「この・・・この・・・とうへんぼくー!」

頓珍漢(とんちんかん)
間のぬけた言動をすること。また、そのさまや、その人。
例文:「この・・・この・・・とんちんかんー!」


昼間にオフィスにいると社内メールにしっかり目を通すだけの時間があって、
その中にふと現れた「頓珍漢」という単語に心を奪われた、ハラキリあらためホリキリです。

自分のデスクに座っていると、課長に「おっ見ない顔がいる」と言われました。
その課長は「ちゃらんぽらん」という愛称で自他共に認識されているそうです。


********

ここ数日で複数の人に「痩せた」の「こけた」の言われたので太ろうと思っています。
前から痩せ型なのだけど、不思議なことに疲れると一気に顔がこけるようです。
一晩徹夜しただけで「痩せた?」と言われることもある。

これはお肉の備蓄が足りていないということなのだろうと思ったので、太ります。
ただ太るだけなのはあんまりよろしくないので、筋肉で太ろうと思う。

ミッションコードネーム:キヨハラ

2009年に入ってしばらくしていなかった筋トレを4月中旬から再開していたけど、
これをちゃんと筋肉にするために食事の量を増やす。
朝晩の食事で必ずご飯(コメ)をお代わりすることにします。
食事の前に筋トレをすることで、筋肉の形成を促す。

昨日からお代わり作戦を実行しているけど、
なんだか既に身体が変わってきたような気が、しません。
寮には水虫も数年前に死滅したような古汚い体重計しかないので
近いうちに自分用の新しいものを買ってこよう。

7月中ごろまでには疲れてもこけない身体を手にしたいと思ってます。


********

帰りの電車に乗っていたら、ある駅で停車したときに

「あっ忘れ物!忘れ物ですよーっ!!」

とドアの向こうに呼びかける女性の大きな声。
が、忘れ主は気付かなかったようで、

「ああ、もうっ」

と呟きながら女性は忘れ物を手にして駆け出して行った。
そしてその女性の帰還を待たずして電車のドアは閉まった。

チラリと見えただけだがかなり気忙しそうな中年の女性で、
きっと次の電車を待つ間も何らかの独り言を呟いていそうな感じの人だったが、
忘れ物に気付いてからの彼女の機敏かつ迷いのない行動たるもの、
なかなか素晴らしいではないか。

当然といえば当然で、自分もその場で同じように忘れ物を発見したらそうしただろうとも思う。
しかし本当にそうだろうか?
仕事でストレスをためてイライラしているような時でも、同じようにできただろうか?

彼女の素晴らしさは、溜まりに溜まったストレスが口から溢れ出るような極限状態にあっても
その行動を迷いなく起こしたところにある。
これは彼女の人間の根底に、まさにそれを当然とみなし自然と行動に移すような
確固たる土台があったことを示すものに他ならない。だろう。
きっと彼女は、優先席に座る若者の目の前に立って圧力をかける婆さんになっても
忘れ物を見つけたらきっと再び同じように駆け出していくのだ。願わくば。

何気ない帰りの電車で出会ったちょっとステキで意外性のある中年女性。
どうか彼女のストレスが少しでも解消されますよう。
[PR]
by kan-net | 2009-05-27 00:41 | 暮らし
<< 会社での出来事。 ミスター・ハラキリの終戦 >>